ダウンタイムが少ないです

顔を触る人

炭酸ガスレーザーを照射

顔や体の目立つ部分に、盛り上がった大きいほくろがあると、お肌がくすんで見えたり、ほくろの部位によっては、容姿に悪影響が出てしまうので、コンプレックスを感じている人がほとんどです。欧米諸国などでは、ほくろ除去は大変ポピュラーになっているので、日本でも関心の高い人が増加しています。美容皮膚科や美容外科のクリニックでは、電気メスによる治療も行っていますが、再発を防ぐために、深い部分を切除すると、傷跡が残る可能性があります。なるべく傷跡を残さずにきれいな仕上がりにした人には、炭酸ガスレーザーによる治療を行っています。電気メスを使用する方法に比べると、痛みやダウンタイムも少なく、10分から、15分程度で施術が完了します。痛みに敏感な人が多いですが、医療スタッフが事前に局部麻酔を行っているので、ほくろ除去の施術を受けている間は、痛みを感じることはありません。当日からシャワーを浴びることができるので、仕事や家事で忙しい人も安心です。美容皮膚科や美容外科のクリニックでは、ほくろの状態をきちんと診察をしてくれるので、一人一人に合った方法を提案してくれます。炭酸ガスレーザーによる治療を行っているクリニックが増えており、施術を受けた後は、お肌がデリケートになっているので、テーピングをしておく必要があります。医師が外用薬を処方してくれるので、自宅で塗っておくことが大事です。地元で評判の高い美容外科や美容皮膚科を選ぶと、高い技術を持った医師が在籍をしているので、きれいな仕上がりが特徴です。目の周りや唇、髪の毛の中などに、目立つほくろがある人も多いですが、レーザー治療は、顔のデリケートな部分でも施術が受けられるので、安心できます。唇は他の部位に比べても、傷の治りが速いので、安心して治療が受けられます。小さめのほくろの数が多い場合でも、医師が丁寧に取り除いてくれます。ほくろ除去は安全性の高い治療法になっており、高い技術を持った医師が治療を行うことで、再発を防ぐことができます。顔の目立つほくろを取り除くと、ファンデーションののりが良くなりますし、顔貌を美しくさせる効果があるので、コンプレックスを解消できます。モデルや芸能人などの著名な人の間でも、ほくろ除去は高い人気があります。現代は医療技術が向上しているので、傷跡もほとんど残らず、きれいな仕上がりが特徴です。信頼できる美容外科や美容皮膚科を選ぶと、手術室も衛生管理を徹底しており、使用する医療器具も滅菌消毒をしているので、安心して施術が受けられます。完全個室で治療が受けられるので、プライバシーは厳守してもらえます。診察室や受付も、清潔で明るい印象なので、不安や悩みを相談しやすくなっています。ほくろの大きさや、数、部位によっても多少は金額が違ってきますが、平均的な料金なので安心して通院ができます。主要な駅やバスターミナルから、利便性の高い立地のクリニックが増えています。マイカーで通院をしたい人は、駐車場が完備されているクリニックを選ぶと良いでしょう。事前に予約を入れておくと、待ち時間も短縮できます。

レディ

痛みの少ない美容手術とは

ほくろの除去にはいくつかの手術が用いられます。従来まではメスを使った切除が一般的でしたが、最近では痛みの少ないレーザー治療を行うクリニックが増えました。レーザー除去後は傷跡を残さないために、紫外線を防ぐアフターケアを行う必要があります。

カウンセリング

ほくろを除去する方法は

小さなほくろ除去にはレーザー治療、大きななほくろ除去には切除法が有効です。レーザー治療は手間がかからずにすぐに終わります。切除法は保険適応で安心感があります。良性・悪性の区別は素人には分かりずらく、美容外科に相談することが大切です。
看護師

選び方で決まります

病気の可能性もあるほくろを除去するには、病院やクリニックを選ぶ必要があり、色々な方法があるために費用なども気になります。選び方としてはほくろの状態からみることもありますが、まずはカウンセリングを受けて相談ができるところを選ぶことです。